白髪を改善し予防するには


LisaRedfern / Pixabay

白髪のできる大きな2つの原因は

イラスト  老化現象

老化現象によって、髪を黒くするメラニンが少なくなる

  遺伝

遺伝によってメラニンがもともと少ない

2つともその要因によってメラニンが少ないことが原因なのです。

老化現象では、頭皮の状態が悪くなることと血流が悪くなることによって起こります。
特に自然の老化現象でなくとも、健康に悪い生活習慣、ストレス、栄養不足でも頭皮の劣化が起きてしまいます。

これらの原因を見てみるとすぐに治せるかというとこのままでは無理でしょう。
歳を取らないようすることはできないのですから。

遺伝は変わりません。生活習慣はなかなか正せません。ストレスのない生活はすぐにできません。

白髪の対策としてできることは何があるのか?

women-1405151_960_720

ここでは、体の内側から、外側から、そして物理的に直接黒くする方法を順番に紹介します。

白髪を減らしたいならそれこそ努力が必要なところなのですが、原因と思われるところを徹底的に改善するのですからそれなりのやり方があります。

徹底的に白髪対策をするなら3つの方法がある!!

1.体の内側から

sapuri

白髪サプリというものがあります。

体の内側ということで、内面的に必要な栄養素を補充して白髪を黒色にする支援をしてくれます。効果があるかは人それぞれなのでしょうが、やらなきゃあなたにも効果があるか分かりません。

白髪サプリというと、メラニンを作るメラノサイトを活発化するヨウ素、チロシン、銅と血行を改善できるビタミンEなどを主成分とした栄養素がメインとなります。

この栄養素がうまく口からサプリを摂ってうまく頭の気になるピンポイントにいくかどうかが気になるところですね。

 

ポイント

1.髪の色づけを行うメラノサイトを活発化できるかどうか?

2.ヨードやチロシン、銅を含んでいるかどうか?

3.成長ホルモン分泌を増やせるかどうか?

 

2.体の外側から

shampoo
白髪を予防できるシャンプーがあります。

白髪を予防できるシャンプーは、メラノサイトを活発にできるヘマチンのほか、体によいアミノ酸で頭皮の保湿と血行をよくする栄養素を主成分としたシャンプーがあります。

一般的に頭皮のアンチエイジングが目的のシャンプーが多いところ、メラノサイトに直接働きかける成分が入っているので、こちらも是非試してみて欲しいですね。

 

ポイント

1.髪の色づけを行うメラノサイトを活発化できるかどうか?

2.血流を増やせる頭皮作りができるかどうか?

 

3.髪に直接変化を与える

kamisomeru

白髪染めシャンプー、トリートメントがあります。

もう、今ある髪をなんとかしたいならコレ。

天然の色素を配合し、黒色から好みの茶色が各種選ぶことができる白髪染めです。今までの白髪染めのようなキシキシ、ゴワゴワ感じをなくした毎日のケアで自然な印象の髪色に変身できます。

1,2にあるような成分が効くまで待てないならとにかく今ある即効性の白髪を隠すのもひとつの手ですね。

少し割高ですが、毎日使っていれば自然と髪の毛の色が好みの髪色に染まってくれるので便利です。これは併用しない手はないですね。

 

ポイント

1.髪や頭皮にダメージを与えないものか?

2.毎日使っていけるコストになっているか?